1. あきれて物も言えない歌詞

「あきれて物も言えない」の歌詞 RCサクセション

1980/12/5 リリース
作詞
忌野清志郎
作曲
忌野清志郎
文字サイズ
よみがな
hidden
どっかのヤマが オレがんでるって ったってさ
よくうぜ あの野郎やろう よくうぜ
あきれてものえない

どっかのヤマが オレがんでるって ったってよ
よくうぜ イモ野郎やろう よくうぜ
あきれてものえない

ところが おエラがた それで血迷ちまよったか
つぎしゅうには 香典こうでんとどいた
まえ土曜日どようびに ガンバローって 乾杯かんぱいしたばかりなのに

オイラ その香典こうでんあつめて こうしてあそんでるってワケさ
ますます 勝手かってことができる
さあ オマエになにってやろうか

ヤマ大手おおでをふって あるいてるなか
あせだくになってやるよりも んでるほうがまだましだぜ

おっと社長しゃちょうさん「おまえんだ もうクビだ」といたい
さあさあ ハッキリ ってみな
まえはクビだとってみな

なにをビビッてるのよ 社長しゃちょう みっともないぜ
さあさあ あのガッツはどこった
親戚しんせきじゅう一番いちばん出世しゅっせした アンタじゃないか

どっかのヤマが オレがんでるって ったってよ
よくうぜ イモ野郎やろう よくうぜ
あきれてものえない

ていのうなヤマ信念しんねんきんっちまう おエラがた
うごかしてるなかくなるわけがない
あきれてものもえない

だから Baby さぁ 今夜こんやはどこであそぼうか
まだまだ 香典こうでん あつまりそうだ
当分とうぶん苦労くろうはさせないぜ