「ぼくの好きな先生」の歌詞 RCサクセション

1972/2/5 リリース
作詞
忌野清志郎
作曲
肝沢幅一
文字サイズ
よみがな
hidden
たばこをいながら
いつでもつまらなそうに
たばこをいながら
いつでも部屋へや一人ひとり
ぼくのきな先生せんせい
ぼくのきなおじさん
たばことのにおいの
あの部屋へやにいつも一人ひとり
たばこをいながら
キャンバスにむかってた
ぼくのきな先生せんせい
ぼくのきなおじさん
たばこをいながら
こまったようなかおして
遅刻ちこくおおいぼくを
口数くちかずすくなくしかるのさ
ぼくのきな先生せんせい
ぼくのきなおじさん
たばことのにおいの
ぼくのきなおじさん

たばこをいながら
あの部屋へやにいつも一人ひとり
ぼくとおなじなんだ
職員室しょくいんしつが きらいなのさ
ぼくのきな先生せんせい
ぼくのきなおじさん
たばこをいながら
劣等生れっとうせいのこのぼくに
すてきなはなしをしてくれた
ちっとも先生せんせいらしくない
ぼくのきな先生せんせい
ぼくのきなおじさん
たばことのにおいの
ぼくのきなおじさん