「桜ノ雨」の歌詞 ROOT FIVE

2013/3/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
それぞれの場所ばしょ旅立たびだっても
友達ともだち
くまでもないじゃん
十人十色じゅうにんといろかがやいた日々ひび
胸張むねはれと背中押せなかお

土埃上つちぼこりあきそった校庭こうてい
窮屈きゅうくつくずした制服せいふく
つくえうえいた落書らくが
どれもこれもぼくらのあか

白紙はくし答辞とうじにはつたれない
おもかずだけなみだにじ
おさなくて傷付きずつけもした
ぼくらはすこ位大人くらいおとなれたのかな

教室きょうしつまどからさくらあめ
ふわりてのひら
こころせた
みんなあつめて出来でき花束はなたば
そらはなとう

わすれないで
いまはまだ…
ちいさな花弁はなびらだとしても
ぼくらは一人ひとりじゃない

下駄箱げたばこつけたこい
廊下ろうかこぼした不平不満ふへいふまん
屋上おくじょう手繰てさぐえがいた未来図みらいず
どれもこれもぼくらのあか

卒業証書そつぎょうしょうしょにはいてないけど
ひとしんひとあいしてまなんだ

わら
よろこ
いか
ぼくらみたいにあおあおわたそら

教室きょうしつまどからさくらにじ
ゆめのひとひら
胸奮むねふるわせた
出逢であいのためわかれとしんじて
かえそう

わすれないで
いつかまた…
おおきな花弁はなびらかせ
ぼくらはここでおう

幾千いくせんまななか
ぼくらがめぐえた奇跡きせき
いくとしをとってもわらないで
そのやさしい笑顔えがお

教室きょうしつまどからさくらあめ
ふわりてのひら
こころせた
みんなあつめて出来でき花束はなたば
そらはなとう

わすれないで
いまはまだ…
ちいさな花弁はなびらだとしても
ぼくらは一人ひとりじゃない

いつかまた…
おおきな花弁はなびらかせ
ぼくらはここでおう