「流転の歌」の歌詞 ROOT FIVE

2015/2/25 リリース
作詞
木下智哉
作曲
木下智哉
文字サイズ
よみがな
hidden
びたおとこえる
何処どこ不思議ふしぎまち
つきひとみをした少女しょうじょ
時計台とけいだいすわって
つよくなりたい」とねがった

あおかげのピエロが かなしくおどまち
何処どこくのかたずねよう てぬ場所ばしょくと

ゆめえると そうちか
ぼくうたった
る、るる、るるる
ティティク タク ティティクタ…

とき仕掛じかけのダイスを
ゆめとびらが こちらを
摩訶不思議まかふしぎはこ 飛出とびだすのは
めたはずの 流転るてんうた

ふるびたおとしたかねふかそらひびいた
なぞめた旋律せんりつ少女しょうじょくちずさんでる

よるゆめこそ そう真実まこと
ぼくうたった
る、るる、るるる

とき仕掛じかけのダイスを
とき狭間はざまが こちらを
摩訶不思議まかふしぎはこ のこったのは
わすれてたはずの 懐古かいこうた

だれかがうた貴方あなたうたう‥

とき仕掛じかけのダイスを
ゆめとびらが こちらを
摩訶不思議まかふしぎはこ 飛出とびだすのは
めたはずの 彼女かのじょうた

る、るる、るるる