1. M歌詞

「M」の歌詞 ROOT FIVE

2013/3/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れたくちびる隙間すきまなか
あまさよりも苦味にがみもとめて
あいしてあいして
もっとみつから
あじわわせて

薔薇ばらかおりよりも繊細せんさいなスメル
鼻腔突びこうつはる彼方かなた銀河ぎんがへflyaway
こいのアレルギーでもうはなまって
寝苦ねぐるしい日々ひびだったけど
いきができたよ

わらってわらって
微笑ほほえきみのほっぺに
わずかばかりのエクスタシー
さわってさわって
五感ごかんたおして
こわれてゆくまでくるわせて

れる鼓動確こどうたしかめ
みじめになるほどによごしてよ
つぎなにがいいの?」と
いてててわらって

たしかめ言葉ことばじゃ
心潤こころうるおことができない
ちるとこまでちる
それがぼくしあわ

なにわずにそっと
やさしくみみたぶにれて
ぼくだけにしかこえない周波数しゅうはすう
あいしてあいして。もっとあいしてくれますか。」
ささやいてよ

かぜちょうよりも妖艶ようえん美貌びぼう
チン小帯緩しょうたいゆるませ至近距離しきんきょりまでget near
こいのレンズはもうピントずれちゃって
ぼやけてしまったけど
問題もんだいないどうこうまえ
瞳孔全開君どうこうぜんかいきみんだ

まわってまわって
なびきみのスカートに
わずかばかりのエクスタシー
うばってうばって
感覚かんかくって
ぼく理想郷りそうきょうれてって

くら景色けしきなか
えたぼくだけのエデンのその
「もっとつよくでいい。」と
いてててわらって

あい言葉ことばじゃなくて
痛覚つうかくかくれた快感かいかん
ちるとこまでちる
それがぼくしあわ

ぼくらをつないと
ぎん手錠てじょうほうがいいよ
おそれなくていいさ
たのしんでいいんだ
どこまでだってイクヨ

(おっけ~)

つねってつねって
ぼくひだりほほ
なぐってなぐって
ぼく脇腹わきばら
つぶしてつぶして
ぼく気高けだかほこりを

こわれてゆくまでくるわせて

くるわせて…

れる鼓動確こどうたしかめ
みじめになるほどによごしてよ
つぎなにがいいの?」と
いてててわらって

たしかめ言葉ことばじゃ
心潤こころうるおことができない
ちるとこまでちる
それがぼくしあわ
それがぼくざま