1. 季節の記憶歌詞

「季節の記憶」の歌詞 RSP

2009/10/21 リリース
作詞
谷口尚久
作曲
谷口尚久
文字サイズ
よみがな
hidden
東向ひがしむきの窓辺まどべ みぎへとながれてく
早起はやおきするんだとって きみはこの部屋へやえらんだ

一緒いっしょったソファ ときぎていろせても
二人ふたりはずっとわらないんだって そうおもっていたよ

ニュースのすくないあさわるひとえた」とわらったきみ

かかえきれないほどのゆめ
てあましたまま二人ふたり
毎日まいにちかさねた おもおもいに
また このさむさがふいにおもさせる
きみごしていたこの季節きせつ

んだ気持きもちを したらしろこごえた
一人ひとりきりじゃ 意地いじかたさえもわすれちゃったみたい

陽気ようきなキリギリスはわるくないはずだ」っておこったきみ

ささえきれないほどのいた
ないふりをつづけたまま
ちがうものをていたね おもおもいに
いま きみはどこでなにをしているんだろう
だれのことをおもごしてるだろう

木枯こがらしにそっと ラジオからのChristmas song
季節きせつめぐめぐ
just the same, just the same,
just the same, just the same...

かかえきれないほどの過去かこ
すべちきれず二人ふたり
別々べつべつみち えらんだ おもおもいに
また このさむさがふいにおもさせる
きみごしていたこの季節きせつ

かえるべき季節きせつをなくしたまま