1. 風の詩歌詞

「風の詩」の歌詞 RUSHMORE

2009/12/23 リリース
作詞
五十嵐充
作曲
五十嵐充
文字サイズ
よみがな
hidden
In my heart 大切たいせつなコトバを
こころきざんでゆめえがいてた
旅人たびびとみたいに あるがままの自分じぶん

くもゆるやかにながれて
ひろがるそらから朝日あさひのしずくが
こぼちてゆく まるでさき
らすように

かぜうたこえるまで
僕達ぼくたちくんだと
きみこえそらけて
見果みはてぬ世界せかい

きっとだれかもかぜうた
どこかでっているんだろう
旅立たびだちにはあおそら
僕達ぼくたちめてゆく

すごくひときになって
づけば孤独こどくよろこびもおぼえた
ほしかずほどのこいのせつなさを
音符おとにして

かぜかお季節きせつなか
むねおどらせながら
はるとお地平線ちへいせん
出会であいをもとめて

ひとつひとつこいうた
断片かけらあつめながら
かぜのようにけてた
僕達ぼくたちわすれない

かぜうたこえるまで
僕達ぼくたちくんだと
きみこえそらけて
見果みはてぬ世界せかい

きっとだれかもかぜうた
どこかでっているんだろう
旅立たびだちにはあおそら
僕達ぼくたちめてゆく