「真実の森の中で」の歌詞 Rayflower

2010/9/15 リリース
作詞
田澤孝介
作曲
都啓一
文字サイズ
よみがな
hidden
じて まよんだ
ふかやみ 記憶きおくもり

われるまま 手探てさぐりで
つたえたいことをさが

間違まちがえないように まよわないように
だれかのために… なにかのために…

背伸せのびなどするもんじゃない”
“らしくればそれでいい”

めるきりなか
呪文じゅもんのようにかえ

等身大とうしんだい”をかかげるなら
もっとおくまで げてから

夜明よあけのないもりたしかめたくて
ほどいたそのさきかんじれるユーフォリア
しるされたおもいが 何処どこひびいて
なにをもたらすのか わからぬまま彷徨さまよ

間違まちがえないように まよわないように
自分じぶんために… だれかのために…

夜明よあけのないもりぼくおしえた
かれるためうたも、日々ひびも、むなしいだけだ」
げるためあつめたなにもかもは
ここにいてこう 明日あした

しるされたおもいが キミにとどいて
こころ うごかせれば このもりにも夜明よあけがるだろう