1. 君がいて僕がいた歌詞

「君がいて僕がいた」の歌詞 Rev. from DVL

2015/3/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あわただしくぎて 1 ねんったね
去年きょねんぼくら なにをしてたのかな
はじめてだらけでさ 戸惑とまどっていたよね
いまおもえば たぶんそれも いいおも
ねえ だけど がついたよ
そう いつも 大事だいじなことはおなじなんだ
きみがいて ぼくがいた
この場所ばしょにいるってキセキだね
きみがいる ぼくがいる
まだつづいていく
かがやきは ひろがって
世界中せかいじゅう笑顔えがおわるよ
おもい…はるとおく)
まだつづいていく
ぼくらはどこにでもけるのさ
勘違かんちがいもしたよ ひとりで平気へいきとか
えきれずに なみだこぼれるのに
らないうちにほら だれかが見守みまもってる
たすけられて きっとみんな きてるんだ
ねえ なにが 出来できるだろう
そう いつも いかけてるよ こころなか
きみだから ぼくだから
つたえたい気持きもちがあるよね
きみがいる ぼくがいる
そしてつづいてく
“ありがとう” “ダイスキ”の
ピースがつながってえが
おもい…はるとおく)
まだつづいていく
ぼくらはなんにでもなれるのさ
(ただ)こわがってばかりじゃ
(まだ)子供こどものままだね
(いま)いたみをおぼえて つよわる
曖昧あいまいわらって
そのままでいいかもって
そんなふうげたくないよ
これからは…
きみがいて ぼくがいた
ずっとずっとうたってとどけたい
きみがいる ぼくがいる
まだつづいていく
かがやきは ひろがって
世界中せかいじゅう笑顔えがおわるよ
おもい…はるとおく)
世界中せかいじゅう笑顔えがおわるよ
おもい…はるとおく)
まだつづいていく
ぼくらはどこにでもけるのさ