「上弦の月」の歌詞 SAYAKA

2005/1/19 リリース
作詞
SAYAKA
作曲
Masato Kitano
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であえたよね?」
ココロでおもった
つきちてくように あふれていく・・・
こいになって すべてをえてく
なに出来できなくなって すわ

背中せなかあわせ
とどいたゆびはなせなかった
こわがる くちびるが 近付ちかづ奇跡きせきしんじたい

あのとき世界せかいまわっていて
ボクのなみだがこぼれちる
このまま ときかんじている・・・
きみえて
きみはじまって
きみともあいされるを・・・
ねがうの
このまま そばにいて
上弦じょうげんつき

夢見ゆめみてた
いつかはだれかを あいしたいとおもった
このすべてで
こたえなんて つからないでしょう?
はなれられなくなった
フタリニハ

気付きづきますか?
このなみだあたたかいことを・・・
つけてくれたよね
光射ひかりさまどけるように

あふれたなみだあいになって すここころいやせるから・・・
わらって
わらって?
ねが
ねぇ きみいて きみ傷付きずついて
きみそばあいされるなら・・・
いらない
なにをもうくしても
こわくない

はるとおむかしのことのよう
ヒトリキリだとおもっていた
せつないこころ水色みずいろ

つかれた足跡辿あしあとたどりながら
えないかべでふさいでいた・・・
いまはもう景色けしきあふれてる

あのとき世界せかいまわっていて
ボクのなみだがこぼれちる
このまま ときかんじている・・・
すこしのやさしさ すこしのこい
いとしくおもがあるから
サヨナラ
むかしのボクにある
上弦じょうげんつき