「洗濯してね」の歌詞 SEX MACHINEGUNS

2001/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
仕事しごとつかれてよごれたふくのまま、
いつもの布団ふとんにもぐりむ。
休日きゅうじつ太陽たいようなんてないまま、
ゆっくりとせば
なんだか綺麗きれい部屋へやになっている。
ベランダにTシャツがれてる。
そういえば、あなたにわたしてたんだね。
ちいさなアパートの合鍵あいかぎ
そうだね。 きっときみ仕業しわざ
"電話でんわしてね"のメモをつけた
これからずっとおねがいしたいから洗濯せんたくしてね。
ぼく下着したぎもあなたのふく洗濯せんたくしてね。
きみ背中せなかきしめるから
やさしく、ソフトあらいで。

なんだか今夜こんやは、険悪けんあくなムード。
うつむいたままのあなた。
"どうしたの"。
"何故なぜなの"。
なにわからないまま、
なが時間じかんぎていた
そうだね。 きっとぼく仕業しわざ
"ごめんね"だから機嫌直きげんなおして。
これからずっと一緒いっしょたいから洗濯せんたくしてね。
ぼく下着したぎもあなたのかお洗濯せんたくしてね。
きみ背中せなかきしめるから
まわるよ、きみ笑顔えがおが。

もうこれ以上いじょうあるけないと、
あなたはそっとつぶやいたのに
ダメなぼくかえれない。
あなたつよきしめられない。
だからいまは、 だけどいまも、
あなたのことが、あなたのことを、
そしていつか、またいつか、
あなたと出会であことがあるなら洗濯せんたくするよ。
今度こんどぼくがあなたのため洗濯せんたくするよ。
ぼく背中せなかきしめてくれ洗濯せんたくしてね。
ぼく下着したぎもあなたのかお洗濯せんたくしてね。
きみ背中せなかきしめるから
二人ふたりで、一緒いっしょ洗濯せんたくしよう。