1. シルク歌詞

「シルク」の歌詞 SHAKALABBITS

2006/9/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
うれいの雨上あめあがって ふたり出掛でかけよう
シルクの雲見上くもみあげた 世界せかい透明とうめいえる
まだすこかぜあたたかい
そのあときみまぶしそうに
わらって ぼく臆病者おくびょうものだから
みちらしてみたり
むしってその度朝たびあさえなくなる
わすれてくんだ ぼく

うれいの雨上あめあがって ふたり出掛でかけよう
ひかり水跨みずまたいだ 波打なみうっておよいでえる
ただすこ息継いきつぎがりないだけ
れてしまった不自由ふじゆうさに
何故君なぜきみぼくより、なんて本気ほんきおもうの?
らしたり
むしって誤摩化ごまかさないで
格好かっこうつけないで となりにいるよ

――――むしって
あたしがくずれたときはなさない
かかえて その度強たびつよさにあこがれた
嫉妬しっとしてしまうほど
わらって ぼく臆病者おくびょうものだからなんて
あのころふたり
その世界せかいはいつまでも透明とうめいられてる
面影おもかげいてわらった