「モンゴルフィエの手紙」の歌詞 SHAKALABBITS

2008/10/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さくえた木々きぎ真上まうえ いろとりどりの熱気球ねつききゅう
さわれもしないけれど あのかごひそんで空渡そらわた
まち見下みおろす芝生しばふうえ 非常食ひじょうしょくのガムをんで
だれかといたいもすれば 一人ひとりでいたいもするんだ

背中せなかをくすぐるやわらかい風音かぜおと

色褪いろあせたパズルのような屋根やね
りばめて たぐりせるおもいを
延々えんえんただよわせてるだけ

手紙てがみしる未来人みらいじんわすれた頃封ころふうろうか
ながれるくも とろけそうさ きたい言葉ことば なにもないな

えがいたよロケット はるむかしのユメ

なにもかもうたがいの眼差まなざしで
何処どこへでもけられる想像そうぞう
みずかこわしてしまわないで」

悪戯いたずらちたとりつけて
ちてる羽根はねすこけてきた

色褪いろあせたパズルのような屋根やね
りばめて りにしてたおもいも
何気なにげなくごした今日きょう
だれかにつたえてみたいな
どんなかおせてくれるだろう…
壮大そうだい冒険話ぼうけんばなしいきむほどふくらまそう

むくじゃらのいぬ すれちがって
坂道さかみち コンクリ あり行進こうしん
夕烏ゆうからすうたげて
はずみすぎてる くつひもがほどけた