「A Magical Hand Story」の歌詞 SHAKALABBITS

2012/2/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ブロッコリーみたいにしげってるもり
ひかりむダムの用水路ようすいろ
ひとりちいさなボートをいでいましたら
しろいライオンの親子おやこ遭遇そうぐう
うつくしさでとれてしまうの

のこされてるかれらに近付ちかづ
やわらかい毛並けなみをでようとしたなら
銃声じゅうせい何発なんぱつって あたりはざわめき
ひっくりかえてん 暴走ぼうそうしたとり
みずそこおよいでる

四角しかくいお月様つきさま ここで目覚めざめたくない
エンドロールをちぎって きみつけたよ
しろからだあかにじんでいたんだ

おやライオンひどくうなされながら
メリーさんのひつじとなえている
傷口きずぐち両手りょうてふさぎつづけたら
みるみるもどされてすくせたのさ
ライオンはジッとつめてうたうよ

みんなをせて ぐるぐるまわ
もりほしくして

やがてひびかねおと近付ちかづくわ
エンドロールのあとで きみつないだら
かなしいことひとつ せるがしなくもない
目覚めざめるときまで わたしはヒーローなの
砂漠さばくこうでなにかがんでる