「Blue Flamingo」の歌詞 SHAKALABBITS

2012/2/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
WRIGLEY'Sのフルーツガムをみながら
けて自由じゆうすぎる寝癖ねぐせでた
どうにもならない とっておきのこいおな
なぐさめのヘッドフォン

フラミンゴの看板かんばんトレードマークのレストランで
くたびれたモップ使つかいははしまわ

何気なにげない物語ものがたりをジグザグにすべらせて
ふくらむエソラゴト のままにみがくよ
日陰ひかげのテーブル あお花飾はなかざろう

いつのたまきずくらいがちょうどいい
物知ものしりなシェフのわらかたみたいなもの
くよくよしても とっておきのスープをめば
ふっきれるんだ

さりないこの魔法まほうなみだあふれてた
いつかおな言葉ことばわらわせてみせるよ

あたまなかさるシオリは
どれもいとしくてけない
背中押せなかおされてめぐ

何気なにげない物語ものがたりをジグザグにすべらせて
りばめたねがいごと のままにみがくわ
月夜つきよのバス ポッケにしたはなかえろう