「勝手にしやがれ」の歌詞 SHERBETS

2005/11/23 リリース
作詞
KENICHI ASAI
作曲
KENICHI ASAI
文字サイズ
よみがな
hidden
No No No No No No No No No No
No No No No No No No No No No

煉瓦れんがかべ沿ってずっとあるいてゆけば かわにぶちあたる
そこで僕達ぼくたちなにたのしいことしようとおもって かんがめぐらせた
きみそらになって ぼくみずになって ふたりでくもつくり それにれるように
そべったら 何故なぜかうれしさがあふれ そらがる

かぜまか自然しぜんのルールが二人ふたりれてく 勝手かってにしやがれ
ぼくんでいたまちがだんだんととおのいてゆくよ 豆粒まめつぶみたいさ
おれのかわいいベイビー きっとくだろうけど それも必要ひつよう

れたうみ椰子やしえる
っているよ 可愛かわいいキウイが

しろ氷達こおりたち おおかみはしこごえそうなのはきっとのせいさ
ずっとまわって 赤道辺せきどうあたりで砂漠さばくりたら ガラガラヘビとか
井戸いどをくみげるうつくしいインディアン うたうたってるね

きみはそんなこと 空想くうそうだっていうけれど そういうことじゃなくて

No No No No No No No No No No
No No No No No No No No No No

だれ気付きづかない宝石ほうせきがあるよ まぐれのどこかまれているんだ
かぜまか自然しぜんのルールが二人ふたりれてく 勝手かってにしやがれ