「君と夏フェス」の歌詞 SHISHAMO

2014/7/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まだくさいあいつとフェスに約束やくそくをしたはいいけど
あまりノってたらかれそう
ひかえめにたのしむってめたんだ

でもわたし大好だいすきなロックスター
真夏まなつのステージでスーツをたロックスター
もう我慢がまんできない!

まらないのはわたしあせ
それともきみへの気持きもち?
したたちてく恋心こいごころ
こぼれないようにすくってね
まらないのはなつへの期待きたい
わすれられないなつになるかも

なつ日差ひざしでげそう すべてがスローモーションになる
他人たにんあせもどうでもよくて
日差ひざしの鬱陶うっとうしさもかんじない

でもわたし大好だいすきなロックスター
ラストのきょくわり ロックスターかえってく
ライブがわってわれかえって
それから…それから…

ずいぶんまえのほうにちゃってたみたい
さっきまで二人ふたりがいた場所ばしょ、もうちが景色けしき
ああ、わたしやっちゃった
本気ほんきだったのに

うつむくわたしとなりきみ

わたしのつめるきみ
時間じかんまってるみたい
すこわらってきみはいう
あたらしいきみれたから
今日きょう本当ほんとうかった」
わらいのおくえちゃいそうで
わたしあせってをそらした
まらないのは二人ふたりこい
今年ことしなつわらないでよ。