1. せつなさよりも遠くへ歌詞

「せつなさよりも遠くへ」の歌詞 SIAM SHADE

2000/4/19 リリース
作詞
SIAM SHADE
作曲
SIAM SHADE
文字サイズ
よみがな
hidden
せつなさよりもとおくへ
何処どこってくれ
きみつめた時間じかんだけ
いまなみだこぼれる
ためいきくもった
まどガラスにのこした
“さよなら”
れるよりもちか
かんじてたひとなのに
一番遠いちばんとお
うしなってづいた
こんなにもきみだけを
あいしてると
春風はるかぜ二人ふたり
足跡あしあとのこさず
つよける
せつなさよりもとおくへ
何処どこってくれ
きみつめた時間じかんだけ
いま孤独こどくがしみるよ
ありふれた
あいささやきよりも
かがやくことだと
若過わかすぎるむねしんじていた
眼指まなざしたそら
後少あとすこしでこわれて
すべわすれられるのに
いつも手前てまえめる
理性りせい無情むじょうおもえる
あい手錠てじょうじゃなくて
ゆめかなえるつばさ
さりげなくそのやさしさが
りないこころえた

せつなさよりもとおくへ
何処どこってくれ
きみつめた時間じかんだけ
いまなみだこぼれる
やがていつかは今日きょう
おもわるだろう
きみ後悔こうかいするくらい
たかそらばたくよ