「89番目の星座」の歌詞 SING LIKE TALKING

2013/3/6 リリース
作詞
藤田千章,佐藤竹善
作曲
藤田千章,佐藤竹善
文字サイズ
よみがな
hidden
段々だんだんしらんでいくそら
よるぎわ
曖昧あいまいあやういこいうらなうみたいさ
だから
真昼まひるえる星座せいざ
さがそう
現実げんじつがボクらをかくまえ
くよ

ながれるほしよ キミにとど
このせつなさをせて
ちかくにボクがいないときも
キミをめたいから
あのあおつきをきっとている
そうねがうふたりの距離きょり
たぶん
なくなるんだ

宵闇よいやみまぎれたまんま
不安ふあんつのった
いたいって気持きもちを
ずっと
ならべてみるんだ
88まっている
星座せいざだとしても
このむねきらめいたものは
たし

ながれるほしよ キミにとど
このいとしさをせて
ちかくにだれがいたとしても
ボクをかんじてしいから
かがやつきひかりよりもはや
キミのそば
すぐ
けるから

さいげられた
もうかえせないボクら

疾走はしりだすかぜはこんでいけ
ボクらを宇宙うちゅうさき
昨日きのう今日きょう明日あすもないくらいに
ひとつになろう
いきうたびに
ボクらだけの物語ものがたりしるそう
ただ
ひとつしかない

疾走はしりだすかぜ

ながれるほし