「ごめんね、SUMMER」の歌詞 SKE48

2010/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ防波堤ぼうはてい
ひざかかえて
ちかづいたなみ
かぞえてた
ぼくはそのとなりで
邪魔じゃまするように
わざとはなしかけたら
かたをぶたれた

さおうみ
いとしさにてるよ
永遠えいえんのその意味いみ
おしえてくれるもの

ごめんね、SUMMER
まぶしい
その横顔よこがお
てたら
ハートにそっと
れたくなった
ぼくのいたずら
ごめんね、SUMMER
このこい
友達ともだちなのに
せつない
潮風しおかぜだけが
ずっとまえから
きみいてる
ごめんね、SUMMER

しろいかもめたちが
そらまわって
はやこくれよと
はやすけど
ぼくはおどけながら
スニーカーをいで
ふいにすように
全力ぜんりょくはし

はずんでるいき
ときめきがくるしい
さざなみかぞえても
どうにもキリがない

このまま SUMMER
2人ふたり
りつけている
太陽たいよう
おもいはずっと
つづくのだろう
なにがあっても…
このまま SUMMER
はるかな
水平線すいへいせん彼方かなた
ぼく1人ひとり
足跡あしあとつける
きとえずに
このまま SUMMER

しろすな
正直しょうじき気持きもちさ
ぎたいとしさを
あやまろうとおも

ごめんね、SUMMER
まぶしい
その横顔よこがお
てたら
ハートにそっと
れたくなった
ぼくのいたずら
ごめんね、SUMMER
このこい
友達ともだちなのに
せつない
潮風しおかぜだけが
ずっとまえから
きみいてる
ごめんね、SUMMER