「初恋の踏切」の歌詞 SKE48

2011/11/9 リリース
作詞
秋元康
作曲
ハマサキユウジ
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく早起はやおきをして
いえたよ
いつもの通学路つうがくろ
きみとすれちがうのは あと5分ごふん
坂道さかみちのあの踏切ふみきり

りた遮断機しゃだんきこう
横一列よこいちれつ
ふゆ制服せいふくたち
きみ自転車じてんしゃ片足かたあしついて
腕時計うでどけいにしていたよ

こころ内鳴うちなつづけてる
ときめきは警報機けいほうきみたいに…
あお電車でんしゃとおぎてく
その瞬間しゅんかん きみのことがさえぎられて
余計よけいせつなくなる

初恋はつこい
ゆめをもっといっぱいせてしいんだ
一瞬いっしゅんぼくのマドンナ
初恋はつこい
たとえ はかないものとしても
卒業そつぎょうするまで(一日いちにちやすまず)
きみとここでつづけよう

やがて遮断機しゃだんきがり
スローモーション
きみ線路せんろ わた
ぼく何事なにごともなかったように
すぐちかくをすれちがうのさ

こんな気持きもはじめてなんだ
名前なまえさえらないきみなのに…
あお電車でんしゃのゴーゴーという
走行音そうこうおん くそのたびキュンとするよ
条件反射じょうけんはんしゃこい

いとしさよ
きみのその面影おもかげわすれられなくて
このむねいたみがのこ
いとしさよ
明日あした おな時間じかん
遮断機しゃだんきこう(そっとあこがれて)
ぼくなにせないまま

初恋はつこい
ゆめをもっといっぱいせてしいんだ
一瞬いっしゅんぼくのマドンナ
初恋はつこい
たとえ はかないものとしても
卒業そつぎょうするまで(一日いちにちやすまず)
きみとここでつづけよう

初恋はつこい踏切ふみきりいたいよ
それ以上いじょう のぞまない
毎朝まいあさ片想かたおも
初恋はつこい踏切ふみきりいたいよ
すれちが一瞬いっしゅん
ぼく宝物たからもの
青春せいしゅんあお電車でんしゃ