「どんないいこと」の歌詞 SMAP

1995/9/9 リリース
作詞
大倉浩平
作曲
庄野賢一
文字サイズ
よみがな
hidden
どんないい服着ふくきて どんないいかおして まちTicティック Tacタック とききざんでゆく
いつまでも
どんないいゆめでも どんないいこいでも… Lovingラヴィング youユー

そらがだんだんくもってきた あめいまにもりそう
バスがちょっとおくれてる 時計とけいはりぎてく
すこしだけきみいたいと はなしておきたいことがあると
そんなわけじゃかなしすぎる あきらめるこいを たしかめるのは

どんないい服着ふくきて どんないいかおして
まちTicティック Tacタック いろえてゆくから
どんないいときでも どんなわけでも
けてつのは自分じぶんひとりだから いつでも

あめすこした みんな家路いえじいそいでる
つぎのバスがやってきて 荷物にもつおもたい気持きもちがった
とおりのこうにきみがいた はしそうとするこのぼく
きみはだまって おじぎしただけで
"ゴメンネ" ってこえこえたがした

そんないい服着ふくきて そんないいかおして まちゆめばかりはこんでゆくから
どんないいときでも どんなわけでも ほんとうのことだけうつしてえる
いつでも

どんないいゆめでも どんないいこいでも
うまくいかないときちこむのさ
まってみたり すこもどってみたり
今日きょうひとりであるいてゆこうとおもった

そんないい服着ふくきて そんないいかおして まちゆめばかりはこんでゆくから
どんないいときでも どんなわけでも ほんとうのことだけうつしてえる
いつでも