1. はじめての夏歌詞

「はじめての夏」の歌詞 姫ちゃんのリボン ED SMAP

1995/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
自転車じてんしゃけて 夏草なつくさ土手どてすわった
はなしにうなずくきみこう 電車でんしゃかわわたってく
突然とつぜん夕立ゆうだちわれて んだ鉄橋てっきょうした
いきまるほどきみのことずっとてた…

せつないこの気持きも素直すなおにつたえるよ
きみなにえなかったら後悔こうかいしそうさ
ぼく特別とくべつこいなんて のぞんでなんかいないよ
きみなみだゆびでぬぐえる そんな距離きょりにいつもいたい
そられて なつがやってくる

夕暮ゆうぐれの野球場やきゅうじょう スタンドにはだれもいない
きみみずたまりけてあるぼくのシャツつかみながら
一緒いっしょきみといるだけで いつもの風景ふうけいちが
不意ふい友達ともだち恋人こいびとわる そして…

せつないこの気持きも素直すなおにつたえたとき
"ありがとう"ってぼくかたほおせてくれたね
ぼく特別とくべつこいなんて のぞんでなんかいないよ
だけどいまからきみがいちばん ああ大切たいせつひとになる
きみごす なつがやってくる

Lalalalalala lalalalala
Lalalalalala lalalalala
Lalalalalala lalalalala
Lalalalalala lalalalala

せつないこの気持きも素直すなおにつたえるよ
きみなにえなかったら後悔こうかいしそうさ
ぼく特別とくべつこいなんて のぞんでなんかいないよ
きみなみだゆびでぬぐえる そんな距離きょりにいつもいたい
そられて なつがやってくる

Lalalalalala lalalalala
Lalalalalala lalalalala

"これからはじめて僕達ぼくたちの" "なつがやってくるよ"