「ひなげし」の歌詞 SMAP

2010/7/21 リリース
作詞
萩原和樹
作曲
萩原和樹
文字サイズ
よみがな
hidden
もしぼくがこのまま ねむりのなか
められたら きっとゆめでも
このうたうたうことだろう

たしかめるように この指先ゆびさき
ほほつたうなら そのままぼく
きしめてくれないか

やさしげなそそあめ
なぜ いい加減かげんうそ
つつみんで ゆるしてくれるの?
だけどもうあなたにだけは えなくなって

金色きんいろなみだかがや笑顔えがおにこぼれちる
ひか言葉ことばうごおも
あしたのかげへとながれたら
ひなげし花言葉はなことば
こころよりあいめてとど
休息きゅうそく場所ばしょ 感謝かんしゃいわいを
ける おとせておくるよ

ときめぐるように このきも
もともどるなら このままきみ
きしめてもいいだろうか

物憂ものうげな日々ひび 孤独こどくへの合間あいま
まだ 本当ほんとうこころ
かくしている どうして一人ひとり
あふすものをわすれて 彷徨さまよっているの?

金色きんいろひとみは たなびく気持きもちをソラにうつ
かす季節きせつまぎおも
とどかないと気付きづいていても
ひなげし花言葉はなことば
こころよりあいめてとど
休息きゅうそく場所ばしょ 感謝かんしゃいわいを
がる こえせておくるよ

おもしたよ おさなかったころ
暗闇くらやみなか っていたことを
もう二度にどとみんな あらわれないと
きそうになりなに出来できたたずんでいた

金色きんいろなみだかがや笑顔えがおにこぼれちる
ひか言葉ことばうごおも
あしたのかげへとながれたら
ひなげし花言葉はなことば
こころよりあいめてとど
休息きゅうそく場所ばしょ 感謝かんしゃいわいを
ける おとせておくるよ