1. ラストシーン歌詞

「ラストシーン」の歌詞 SMAP

2000/10/14 リリース
作詞
樋口了一/市川喜康
作曲
樋口了一
文字サイズ
よみがな
hidden
季節外きせつはずれのなみれてる まぶしすぎたなつ記憶きおく
しぶきのなかけだすきみの ハシャぐ背中せなかながめてた

あのぼくらは この水平線すいへいせんなにおもってたろう?
やさしいかぜつつまれながら

今日きょうまでは だいキライなままでいたかった
きみのこと全部ぜんぶわすれるため
だいキライなままでいたかった
かなしみが波音なみおとけていくまで
今頃いまごろになっていたみだすむね
モノクロームのラストシーンを
うつしている

おさなころうみながした あおひかるガラスびん
今頃いまごろどこへかってるだろう えていったゆめを

ひと無意識むいしき大事だいじなモノまで くしてしまうから
いたいときはどこにもいない

今日きょうまでは だいキライなままでいたかった
きみのこと全部ぜんぶわすれるため
だいキライなままでいたかった
かおりさえもなみだけてくまで
今頃いまごろになってげるむね
モノクロームのラストシーンは
にじんでいく

今日きょうまでは だいキライなままでいたかった
きみのこと全部ぜんぶわすれるため
だいキライなままでいたかった
かなしみが波音なみおとけていくまで
だいキライなままでいたかった
いつかわりがくるとっていたのなら
今頃いまごろになっていたみだすむね
モノクロームのラストシーンを
うつつづけてる

うつしている