「僕は君を連れてゆく」の歌詞 SMAP

2003/3/5 リリース
作詞
工藤哲雄
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたいあめ波間なみましずかで
からだふるわせ海鳥うみどりんだ
ながさかりて浜辺はまべやそう
りにされたいくつものなみだ

ポケットのなか、ゆびからめあった
ぼくたちがのぞむすべて
あてどもなくとおいけれど

きみこいをした瞬間しゅんかんぼくわすれない
世界中せかいじゅうあいうつろいながれても
きっとぼくきみれてゆく
いつかそのこころ
でっかいにじける

二人ふたり砂浜すなはま文字もじくように
ほんとの気持きもちをなみかくしてた
ながよるえて夜風よかぜをさまよい
喧嘩けんかしたあとはいたさがつのる…

えたほおに、そっとほおをあてた
いたことわらった日々ひび
すれちがいも歴史れきしになれ

こいなが坂道さかみちのぼ旅人たびびとみたいだね
とおいゴールをあきらめたりもする
だけどぼくきみれてゆく
もしもつかれたなら
ぼくむねねむ

こいはまるで望遠鏡ぼうえんきょうからのぞほしのようさ
うでばすだけじゃなんにもとどかない
だからぼくきみれてゆく
わらないおもいは
きみ宇宙うちゅうになる