「君を抱きしめたい」の歌詞 SMAP

1996/8/12 リリース
作詞
久保田洋司
作曲
寺田一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
偶然ぐうぜんきみ出会であった はなしがしたいとおもった
わかれはキツかったけど とき不思議ふしぎいやしてた
むねおな場所ばしょ
二人ふたりはおさえてる

きみきしめたい
ふいに よぎる
いまではおたがいに 一人ひとりじゃないこと
わかっているのに
きみきしめたい
二人ふたりきりの
時間じかんがまたうごきだしちゃ いけないと
っているのに

わざと距離きょりひらけてあるいた つぎ三叉路さんさろ ぼくひだり
きみがどっちにくのかは にもしないふりをしてた

肝心かんじんなこといつも
せない二人ふたり

きみきしめたい
最後さいごよる
あんなにいたきみ ずっと大人おとなびて
いまわらってる
きみきしめたい
このこころ
二人ふたりがぎこちなく あるいてた日々ひび
ギュッといだきたい

きみきしめたい
最後さいごよる
あんなにいたきみ ずっと大人おとなびて
いまわらってる
"きみきしめたい"
そんなうた
ちいさくくちずさみ きみって
まよわず みぎに…

きみきしめたい
ふいに よぎる
いまではおたがいに 一人ひとりじゃないこと
わかっているのに
きみきしめたい
二人ふたりきりの
時間じかんがまたうごきだしちゃ いけないと
っているのに