「幸せの果てに」の歌詞 SMAP

2002/7/24 リリース
作詞
市川喜康
作曲
清水昭男
文字サイズ
よみがな
hidden
うるんだかくすように
花火はなびばかり見上みあげていたね
きらめいては はかな
ひかりとともに なみだけた

かた決意けついともろい自分じぶん
らぐ狭間はざま
ついにしたのさ

キミだけのためにきてけたなら
しあわせのてに 何想なにおもうのだろう
ボクの定義ていきじゃいつかない想像以上そうぞういじょう
あふれだすよろこびが waiting for us

れくさくて くせになった
的外まとはずれなたとばなし
いつもキミは見透みすかしてた
悪戯いたずら視線しせん げかけながら

ねむりについた やわらかな
つた温度おんど
確信かくしんへとみちび

かぜけて たかした
ボクらの行方ゆくえときけわしいが
理想りそうからはすこれた ツライ場面ばめん
キミがわらばすから saved my heart

とらわれつづけた過去かこ他人ひときずつけたいた
そしてかんじあうすべてを
いつの二人ふたり

キミだけのためにいたボクが
最期さいごられるおもいをこう
どんな定義ていぎいつかない想像以上そうぞういじょう
こたえをさぁ、さがたびへと…

かぜけて たかした
ボクらの行方ゆくえときけわしいが
理想りそうからはすこれた ツライ場面ばめん
キミがわらばすから saved my love