「感じやすい不機嫌」の歌詞 SMAP

1995/7/7 リリース
作詞
戸沢暢美
作曲
長岡成貢
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょそのじゃなかったバツ
きうけていなさい
こい彼氏かれしをいじめながら
プライドに みがきをかけているの

きみきと われたら
うれしすぎてたおれそう
でもなぜ
仕方しかたないしぐさのキス

やさしくして やさしくしないと
その瞬間しゅんかん 平手打ひらてうぶかも
おんながかわいくないのは
かんじやすいせいの不機嫌ふきげん

かれはなんにもわかってない
ずっとてたことも
はなやかなむすめ魅力みりょくだけが
しあわせのぐちじゃないことも

映画えいがさそわれたとき
からかわれているのかと
おもった
ねじれてるこいれた

大事だいじにして 大事だいじにしないと
まち部屋へやで あばれしちゃいそう
おんながにくたらしいのは
かんじやすいゆめるから

あいされたい無意識むいしき
素肌すはだした まわ
ささえて
いてほしいひとはだあれ

やさしくして やさしくしないと
どこにいても平手打ひらてうばすよ
おとこまもられたいのに
かんじやすいこい邪魔じゃまする

ちかくにいて ちかくにいないと
気持きもちなんて すぐにさめちゃうかも
おんなつよがりうのは
かんじやすいせいの不機嫌ふきげん