「日曜日のアニキの役」の歌詞 SMAP

1993/7/7 リリース
作詞
戸沢暢美
作曲
太田美知彦
文字サイズ
よみがな
hidden
こいしてるよ キスしたいよ
づいてほしい
日曜日にちようびのアニキのやく
はまりすぎてるMy Love

きみのママに よろしくねって
たのまれてるせいで
律義りちぎすぎるぼくになる

映画えいがたり ものしたり
ならんでゆくまち
ぼくたちは似合にあいなのに

子供扱こどもあつかいしてる(きみから)
うでまれ(人混ひとごみで)
ヒジのあたりにバストがれた

まもりたいよ こわしたいよ
からかわないで
日曜日にちようびのアニキのやく
もうりたいよMy Girl

おなとしおとこある
きみかけた
すこしだけ あとをつけた

ぼくといるときよりも(なぜだか)
大人おとなびてた(とおくから)
あれがほんとのきみだとった

こいしてるよ キスしたいよ
づいてほしい
日曜日にちようびいもうとより
恋人こいびとでいて
大切たいせつだと いつのにか
臆病おくびょうになる
日曜日にちようびのアニキのやく
はまりすぎてるMy Love

おこったみたいに
だまってあるけば
心配しんぱいそうなきみ

いつか普通ふつうにも(内緒ないしょで)
デイトしよう(いかけて)
きみひとみつめてしまう

まもりたいよ こわしたいよ
せつなくなるよ
日曜日にちようびのアニキのやく
したいよ
ちょうどいそひとされ
つまづくきみ
日曜日にちようびのアニキじゃなく
きとめてたよMy Girl