「渋滞の楽しみ方」の歌詞 SMAP

1994/7/7 リリース
作詞
森浩美
作曲
長岡成貢
文字サイズ
よみがな
hidden
かえりの道路どうろ渋滞じゅうたいにはまる
あそびに夢中むちゅう時間じかんわすれた
ながれる音楽おんがく 軽快けいかいだけれど
タイヤははしりをわすれたようさ

"あるいたほうはやいくらい" ドアをりる真似まねして
あせぼくをからかうよ いつもの冗談じょうだん
きみはクスッて微笑わら

どんなこときみといればたのしめるよ
けたかたすここすれていたいけど
退屈たいくつはしないよ
れた水着みずぎ まどひろかわかしてみよう
みんなきっとのぞきこむよ

"やっぱりジュースをえばよかった"と
"判断はんだんあまい"ときみにらむのさ
高速こうそくりたら 罪滅つみほろぼしにね
なんでもおごるよ 覚悟かくごはしてる

ちのぼる陽炎かげろうえた そと空気くうきれよう
きみはちょっとうたたはじめているのさ
そんな横顔よこがおると

二人ふたりずっとここに められたいと
不意ふいみょうことおもってしまうよ
きみいえ近付ちかづ
ころはきっとそんな気持きもち もっとつよくなる
西にしそらあかまる

永遠えいえん

二人ふたりずっとここに められたいと
不意ふいみょうことおもってしまうよ
きみいえ近付ちかづ
ころはきっとそんな気持きもち もっとつよくなる
西にしそらあかまる

西にしそらあかまる