1. September Rain歌詞

「September Rain」の歌詞 SMAP

1993/7/7 リリース
作詞
覚和歌子
作曲
長岡成貢
文字サイズ
よみがな
hidden
半袖はんそでが もうたよりなくて
太陽たいようは もうとおくて
さよならが うまくえなくて
きみ手紙てがみいている

おもえてしまうほど
なが時間じかんじゃないけれど
なにもかもまぶしかったのを
なつのせいにしたくない

むねへとしつけた
横顔よこがおかかえこんで
きみのそのはげしさと
ひとつになりたかったよ

インクはブルーブラック
くもぞら文字もじかわかない
もうすぐりだすよ
なつる september rain

めぐりあいはふしぎだったね
まってたことみたいで
おなじことにわらえたよる
双子ふたごのようにねむった

御影みかげのテーブルに
けたほほ ひやませるのなら
そらてからくる
どしゃぶりをったりしない

瞬間しゅんかんがすべてだと
写真しゃしんぼくたちは わらうけど
こんなにとおくなる
ふたつの未来みらいだったなんて

インクはブルーブラック
くもぞら文字もじかわかない
名前なまえをにじませて
たったいま なつわったよ

とおりを はし
靴音くつおとまぎれて ポストまで
こらえたそらからは
ほおにひとつぶ september rain