「足跡」の歌詞 SOFFet

2003/8/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一度来いちどきたようなみち 気付きづかずまたあるいてた
むねくるしいほどなつかしいにおいがした

きみといつかした約束やくそく
いまではもうたすことはできないけど
ずっとさがしてた ただはしつづけた

おも場所ばしょはまだ 何一なにひとわらないまま
とおくなる記憶きおくには きれいにうつらないけど

いつのまにか一人ひとりになって
えなかったものすべてがくるしかった
言葉ことばにはせずにそっとみずながそう

わすれられなかった もう一度君いちどきみちかくにかんじたくて
こらえきれなかった あふれるなみだぬぐうこともわすれて

どこまでもつづみち ここにも足跡残あしあとのこ
かなしみのかたちほど 言葉ことばにはならないまま

季節とき二度にどかえらないから
またあたらしいかなしみをかんじていた
おもはいつも二人引ふたりひはなして

わすれられなかった きみ出会であったあのもどりたくて
こらえきれなかった なみだでにじんだきみ後姿うしろすがた

わすれられなかった もう一度君いちどきみちかくにかんじたくて
こらえきれなかった あふれるなみだぬぐうこともわすれて
きみをさがした