「君と月の光」の歌詞 SOPHIA

2007/3/21 リリース
作詞
松岡充
作曲
松岡充
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくむねなかのグラスはちて しあわねがうけどいつのに ひびからにじんでる

このまちじゃなにえないと ないフリでいた
しんじること きずつくこと えらこともせずに

けば
何処どこまでもいかけておおきくてしろつき
ぼくげてばかり けてやみばすふりした

まわみちつづ日々ひびで ただひとついたはな
つきけるよる ひとりじゃなに何処どこへもけないと

どんなときそばきみ笑顔えがおをくれた ぬくもり二度にどはなさぬよう

なににしてなにうしなうだろう ゆめはいつのにもえるようで はるかすんでる

ひと何故壊なぜこわしてしまう 大切たいせつなものと
もとめあって きずつけて ひとりをみとめずに

何処どこ
なつわりあきぎて またながふゆがそこに
とき無情むじょうほどことらず こころいたまま

もしぼくらがまよ日々ひびわかれるみちとき
きみしんじたみち月灯つきあか辿たどかげまないよう

グラスにあふれるなみだ 水面みなもれる ひかりしてしまわぬように

つめたいきみゆびぼくあたためる

何処どこまでもいかけておおきくてしろつきから
ぼくげてばかり けていたよ きみ出逢であうまでは

まわみちつづ日々ひびで ただひとついたはな
つきけるよる ひとりじゃなに何処どこへもけないと

どんなときそばきみ笑顔えがおをくれた
ぬくもり二度にどはなさぬよう
ひかりしてしまわぬように