「OAR」の歌詞 SOPHIA

1996/11/11 リリース
作詞
松岡充
作曲
豊田和貴
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつのあかりも
えないあらし
ひかった
オールをつけた

ながれてく人々ひとびとなか
かれこえ
れたままで
なみさからう小舟こぶねれた
そしてつぎ
ページはやぶれてる
ひとつのあかりも
えないあらし
ひかった
オールをつけた
そしてあおより
あおつきした
しろこころおんな
ふねせた
彼女かのじょ姉妹きょうだいはいない
“いたかもしれない”
そう つぶやいた
彼女かのじょには友達ともだちもいない
しろわたし
そこにはなくて”
つめたいよる
毛布もうふをかぶって
あさるまで
こえころしてた
まちかこむあのかべうえ
つばされた
かぜつけた

みちけば荷物にもつえて
くもったまどには
なにえなくて
てるものと
としてしまうもの
どれほどの
おもさがちがうだろう
あめめば
りつける
かぜきつけ ゆきらす
つかてた夕日ゆうひしず
そしてあのあおつきのぼ
ひとつのあかりも
えないあらし
ひかった
オールをつけ
Weight of the oar すべては
あのかべこうへ
Weight of the oar
くした
オールをさがして…
Weight of the oar
あおあおつきした
Weight of the oar
あのかべこうがわ