「らしさのありか」の歌詞 SPANK PAGE

2009/8/19 リリース
作詞
仲手川裕介
作曲
仲手川裕介
文字サイズ
よみがな
hidden
つくえならんでたものだけが
ぼくらを大人おとなにするわけじゃない
無力むりょくさに気付きづいたとき 芽生めばえた
ゆめほこりにおもうよ

もがいてもさけんでも すべてが
出来できるわけじゃないから個性こせいがある
不安ふあんでつぶされそうなとき
それどころじゃないよね

づけばすべて一人ひとり背負せおんでたたかってた
どうしたいのかからないまま みみふさいで
ゆめほこりにおもうこと それだけにたよってた14じゅうよんとき
きみきになることで なにかがうごいた

めぐりあった1ひと1ひとつの出会であいが
大切たいせつなものをやしていくんだろう
おんなじゆめえがけるんだね
まずはきみにありがとう

づけばそばにいたんだ 大切たいせつひと仲間なかま
ひときになることではじめて うご
おなおもいをっている おな孤独こどくっている
おなそらした

んだときうみにいってごらん
西にししず夕日ゆうひおもてよう
しんじれるものを うしなったかなしさは
マクラをらして つぎ日洗ひあらながそう
明日あすへの希望きぼういた週末しゅうまつよる
りのふくを どこかさがしにいこう
そしたらつぎ日曜日にちようび だれかとごしたくなる
そうおもえたなら きみはもう大丈夫だいじょうぶ