「冬の空」の歌詞 SPLAY

2008/1/30 リリース
作詞
向井隆昭
作曲
向井隆昭
文字サイズ
よみがな
hidden
出逢であわなければ 意味いみいことをかんがえた
ふゆそらたかすぎてかなしくて しつぶされそうで
きみの鼻歌はなうた おもしてはくちずさむ
やさしいこえ やわらかなくちびるをそっとふるわせていた

すべてをしたっていいよ
そうおもえることがすべてだった
いたみをかかえておどつづける日々ひびえらんだ

このこいむねにしまっておく
あのあさあふれたきみのなみだ
まだ ぼくのこころけるんだ
だから記憶きおくなかに そっとしずめていよう

ほしがいつもふたりのそらにはったから
あおひかりらされて まよこと此処ここまで

運命うんめいのせいにしたりしても
ぼくはすぐにしてしまうんだ
こんなにも自分じぶんなかなみだったなんて らなかったよ

このこい途切とぎれた瞬間しゅんかん
あのおとこえないりをした
れたに いつかの面影おもかげ
さがしてみても そうむなしくなるだけで

このこいむねにしまっておく
あのあさあふれたきみのなみだ
まだ ぼくのこころけるんだ
だから記憶きおくなかに そっとしずめていよう

よるあさるように
ふゆはるおとずれるように
またぼくもこいちるだろう
きみのらないかがやきのなか
またおなじようにふゆそら見上みあげるのだから