「瞳」の歌詞 SPLAY

2007/11/21 リリース
作詞
向井隆昭
作曲
向井隆昭,道本卓行
文字サイズ
よみがな
hidden
びた前髪まえがみをかきあげてのぞ
くろなきみのひとみ そのなか

せわしない人込ひとごみに まぎんでしまったら
まるでからだとおったような気持きもちに んでしまう
このまち片隅かたすみこえらしさけんでいても
みじめになるだけ 孤独こどくをまた1つぶん 背負せおってしまう

こんなにもこんなにも ちいさくなるぼくの
何一なにひとわずにきみは つないでくれる

びた前髪まえがみをかきあげてのぞ
くろなきみのひとみ そのなか
かがみるよりもたしかなぼくが
それだけでいいさ ぼくはいま此処ここ

いきしろくなる こごえそうな季節きせつなか
ふるえるからだってはいくつものよるえた

ぬくもりを ぬくもりを かんじればかんじるほど
くじけそうなぼくのこころひかりとも

たしかなものは きっとそんなにはいよ
つけたとき力強ちからづよはなさないよ ずっと

びた前髪まえがみをかきあげてのぞ
ぐにぼくをうつす そのなか
明日あすさがすよりも たしかな明日あす
それだけでいいさ ぼくはいま此処ここ