「SINGING」の歌詞 SPYAIR

2010/8/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あんなにもすこしの距離きょり
えきまでのみじかかえみち
せつなくなるくらいに ぼくらは
ハシャぎすぎていたんだね

大人おとなになるための その時間じかん
いかりやかなしみもあったけど
これからはいやでもはなれてしまう
それぞれ えらんだゆめ

ずっと にぎってた きみぼく
出会であったキセキの呪文じゅもん
きっと それが このうたになるから
いつでもつながっていけるさ
SINGING oh… oh… oh…

おもってみれば おまえとも
この場所ばしょなかったら いまでも
出会であわらいあうことさえも
なかったのかもな

くだらないはなしばかりかさねて
確実かくじつっていく時間じかん
このよるえる もうひとりの自分じぶん
不安ふあん成長せいちょうした自分じぶんえる

きっと はなれても きみぼく
きずなつな呪文じゅもん
どっか とおくのまちたって
いつでもつながっていれるよ
SINGING oh… oh… oh…

それは メールじゃなくて カタチじゃなくて
ただ おもっていられる
流星りゅうせいのような みちぼくらは
あゆんでいたんだ

あの かんじてた きみぼく
きずなつな呪文じゅもん
ずっと これからもひびいてくよ
ぼくらはひとりじゃないさ
SINGING oh… oh… oh…