「見せかけだけの強さなんて」の歌詞 SPYKE

1996/7/6 リリース
作詞
柴田浩之,さとうみかこ
作曲
森川浩憲
文字サイズ
よみがな
hidden
不安ふあん蹴散けちらすように みしめるアスファルト
孤独こどくつのらせるストローク はしす HEART BEAT
ひびいた合図あいずはじまったばかりのレース
えるようなざしと あつかぜかれ

また臆病おくびょうおれが あきらめかけてる
ここですよりも けるほうがつらいさ

せかけだけのつよさなんて
だれしんじやしない
すなのようにくずれてしまう
勇気ゆうきならいらない

はしつづけるだけが 精一杯せいいっぱい日々ひびなか
かわいたこの大地だいちに しみこんだなみだ
時間じかんとライバルたち容赦ようしゃなくかれて
のこされてったよ 本当ほんとうくやしさを

おまえの言葉ことばだけが この胸締むねしめつけて
いつも弱気よわきだった おれえてくれた

せかけだけのつよさだけじゃ
なにつかめはしない
自分じぶんのためだけじゃないゴールが
いままえにある

背中押せなかおしてくれる
約束やくそくした あのひとみ

せかけだけのつよさなんて
だれしんじやしない

せかけだけのつよさだけじゃ
なにつかめはしない
ながすぎた迷路めいろ出口でぐちから
歓声かんせいこえる

おまえのあの笑顔えがお かぜなかでエールをくれた