「ロクデナシの空に」の歌詞 STANCE PUNKS

2002/8/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにかがわりそうながした 色褪いろあせてくこの世界せかい
たったひとつそれだけでいい 明日あしたこともかえりみず

ドアをりとばしてた 理由りゆういけれどここからげたかった
したがつづけるだけならば このきてる甲斐かいがねぇんだよ
ちくしょうにぶいたみがはしり うすくなっていく意識いしきなか
くりかえさけつづけてた けっしてこころれないように

ひどくれたかおしず夕日ゆうひ
ゆがんだ世界せかいきとおる 一瞬いっしゅん真実しんじつ

たとえ馬鹿ばかにされたって クソななかにコビはらない
ロクデナシのそら真下ましたでただ やぶれたふくはなをすすってる

にたいくらいつらときぼくらは一人ひとりきりじゃないよ
きっとえていけるだろう そのたびにつよくなりながら

とおはなれてくあのぼく色褪いろあせてえていくこの世界せかい
なににもわらずにわらつづけてる とおはなれてくぼくいかけて

時間じかんなにくわぬそぶりでぼくらを すこしずつ大人おとなえていくけれど
いたくなったらいつでもえるさ ぼくきみわすれはしないから

きみ最後さいごまで必死ひっしさけんでた もうとどかないよそれでもをふって
がむしゃらにさけんだぼくこえかぜばされてパチンとはじけた

ロクデナシのそら真下ましたきみ永遠えいえんそら見上みあげてる

ロクデナシのそらきみ