1. 真夜中少年突撃団歌詞

「真夜中少年突撃団」の歌詞 STANCE PUNKS

2002/8/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一人ひとりした やつらがいびきをかくあいだ
よるおおきくて肌寒はだざむかぜいた
暗闇くらやみせまられてしたぼく
仲間なかまってる秘密ひみつかく
こっそり支配しはいした世界せかい断片だんぺん
ぼく馬鹿ばかみたいにわらころげてた
いつまでもこのままでいられたらいいなんて
かなうはずもいのにずっとねがってた

あさるまでそこはぼくらの世界せかい
こわいものなどなにかったはずさ
それでもいつかはえてくなるものだから
世界せかい一番美いちばんうつくしいんだろう

ひと記憶きおくなんて案外あんがいもろくて
わらった事泣ことないた事忘ことわすれていくもの
それでもわすれないさ ときめたきみ
ちいさなかためたことだけは

かなわぬ夢届ゆめとどかぬきみへのおも
なにもかもうまくはいかないけれど
このばしつづけるよ
その時僕ときぼくきてるっておもうんだ

ふぬけたつらせるなよ 感傷かんしょうにも
あのころなにわっちゃないけど
すこしずつぼくらは大人おとなになって
いまでも自分じぶんをさらけだせるか

ぼくゆめ突撃とつげきするよ
きみむね突撃とつげきするよ
いつのかでかいゆめきみにぎ
二度にどはなれないようにわらってみせるから

ぼくらのゆめはかないけれど
ひかかがやなによりも
だからうたうよ拳固こぶしかためて
まっすぐだ 突撃とつげき

そうだぼくらは真夜中少年突撃団まよなかしょうねんとつげきだん