「カーニバルの夜」の歌詞 STARDUST REVUE

1990/10/3 リリース
作詞
根本要,林紀勝
作曲
根本要
文字サイズ
よみがな
hidden
なみせる 夕暮ゆうぐれのうみ
カーニバルのメロディー とおながれてる
渚歩なぎさある素足すあしきみ
カクテルのいに ひとみうるませる

恋人こいびとたちが あいかたよる浜辺はまべ
つきれたように かぶくもに かくれてる

カーニバルのよる があったら
かなら素敵すてきこいになる
きみむねおく たしかめられたら
いつまでも はなしはしない

やしの木影こかげ かたせあい
夜空よぞらにこぼれた ほしをながめれば
かみらす かぜはやさしい
ぼくうでなか きみねむってる

たのしいゆめなかぼくおどってたの
そっとまして はにかむように ほほめる

カーニバルのよる きしめあったら
ふたりに言葉ことばは いらないさ
かさなる吐息といきあまいシルエット
いつまでも はなしはしない

カーニバルのよる があったら
かなら素敵すてきこいになる
きみむねおく たしかめられたら
いつまでも はなしはしない