「10月のパノラマ」の歌詞 STARDUST REVUE

1990/10/3 リリース
作詞
寺田正美,有川正沙子
作曲
根本要
文字サイズ
よみがな
hidden
よるそらにひとつ ほしかがやはじ
きみ見上みあげている 10月じゅうがつのパノラマを
はる銀河ぎんがまれてきた奇跡きせき
いきまるほどの かすかな偶然ぐうぜん

ふるいテレスコープ つけたとき
きみさそぼくえた
とお日々ひびわした約束やくそく たすため

夜明よあけがくるときまで
このままずっと きみとふたり
ほしのドラマ つめよう

そっとかたけば かぜわた草原そうげん
ぼくねがいのせて 流星りゅうせいがよぎる

ゆびをさして かた星座せいざ
うなずくたび かみれて
こころのなか ひろがる宇宙うちゅうきみがいる

言葉ことば出来できないほど
だれよりもきみだけをぼく
あいしている Oh Oh

夜明よあけがくるときまで
このままずっと きみとふたり
ほしのドラマ つめよう