1. ×歌詞

「×」の歌詞 SUPER BEAVER

2014/2/12 リリース
作詞
渋谷龍太
作曲
SUPER BEAVER
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかが丁寧ていねい用意よういしてくれた
個性こせい』という名前なまえ分厚ぶあつ教科書きょうかしょには
恋人こいびとえらかたから ためいきのつきかたまで
すべ事細ことこまかにしるされているそうで
その冒頭ぼうとう目次もくじよりもっともっとまえ冒頭ぼうとう
そこにはあかいバッテンで大々的だいだいてきされた
思考しこう」「抵抗ていこう」のおもいのかよわなくなった ふたつの意志いし

陳列ちんれつされるやいなひだりから順々じゅんじゅんえてくその教科書きょうかしょ
みずからを主張しゅちょうするべくしん着火ちゃっか火種ひだね

経験けいけんおぼえているのかい?
るものすべてがそのまま そっくりそのまま正解せいかいだった景色けしき
すべゆるせるとしんじきった未来みらい

鮮明せんめいるものに何色なにいろものいろかがやいていた あのころ自分じぶん
対峙たいじする準備じゅんび出来できているのならば一歩いっぽだけでいい
さくをとっぱらってしてみてしい

そういやさっきのも こないだったあの
いましがたここにたあのもあの
みんなごのみがおなじようだったんだけど
そんな偶然ぐうぜんってたしてあるのだろうか
またあの教科書きょうかしょ うたがいをなくした自身じしんしめされたのは
不可ふか抗力こうりょくにも他人たにん意志いし
ひょうひょうとすべみ あたかも常識じょうしきだ、とわんばかりに
その胡座あぐらをかく

想像力そうぞうりょく欠乏けつぼうせた
暗闇くらやみにもたシステマチックな構造こうぞう
歯車はぐるまになること耽々たんたん推奨すいしょう

対抗たいこうかんがえるという行動こうどうすら無駄むだうなが
『みんな』という不特定ふとくてい多数たすう常識じょうしき
それらはらずらずに散布さんぷされた危険きけん因子いんし

炎上えんじょう、ふつふつとがる
それにそっとをつけるのも自分自身じぶんじしん
線引せんびき、かべへだたりをえて
二本にほんあしってみせるのも自分じぶん

経験けいけんおぼえているのかい?
るものすべてがそのまま
そっくりそのまま正解せいかいだった景色けしき
すべたくせるとしんじきった未来みらい

鮮明せんめいるものに何色なにいろものいろ
かがやいていたあのころ自分じぶん
対峙たいじする準備じゅんび出来できているのならば一歩いっぽだけでいい
さくをとっぱらってしてみてしい

そのでまごまごと躊躇ちゅうちょした結果けっか
経験けいけんしたあの鮮明せんめい景色けしき対抗たいこうすら出来でき炎上えんじょう
いま あかいバッテンのした意思いし尊重そんちょう
胡座あぐらをかいた常識じょうしき抵抗ていこう