1. 天気予報歌詞

「天気予報」の歌詞 SUPER BEAVER

2008/11/5 リリース
作詞
渋谷龍太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
あさたテレビによれば 今日きょうはにわかあめるんだって!?
どうりでこのくもぞら
おくれてきみは おかまいなしの笑顔えがおだったから
このさい天気てんきは どうでもよくおもえた

うしろのきみは いつもこわがるから
今日きょうはスピードを ひかえてみようか
いつもおなじとおもっていた まち景色けしき
らないあいだべつかおうごつづけていた

わるものがおおぎるから きみのそののそのあったかさが
わらないことがうれしくおもえた
だって昨日きのう街並まちなみさえすこちがうでしょ?
今日きょうはじまったばかりだけど 明日あすいたいとおもうんだ

どうやらぼくほお一粒ひとつぶ ちてきちゃったみたいだ
そらのご機嫌きげんななめに
こんなかぎってたる予報よほう
裏切うらぎり』なんて そんなものないとかんじた

いそいでんだ 屋根やねした
メットでつぶれた かみなおしながら
えてるつなって はなしをする
なんだかんだ 今日きょうあめわるくないようだ

となりいまきみがいること なによりそれがうれしくおもえた
日々ひび不安ふあんにしないでみそうだ
たのしそうにわらきみのこととりあえず
建前たてまえとかそういうのしにして 大切たいせつおもうんだ

きみぼくにくれるものは ひとつじゃない
ぼくきみひとつでも あたえてるかな

わるものがおおぎるから きみのそののそのあったかさは
温度おんど以上いじょうぬくもりがある ぼくにとってわらない大切たいせつなもの

もうすぐあめみそうだ そろそろこうか
きみ二人ふたりなら 場所ばしょ天気てんきもなんだっていいんだよ