1. 幻想歌詞

「幻想」の歌詞 SUPER BEAVER

2012/7/11 リリース
作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
よるかおなにおもしそうで きみおもぼくいま一人ひとりきりで
何一なにひとつも上手うまくいかないのは だれのせいだ?
なさけないぼくなど 何処どことおてたいな

きらいなんだ こんなぼく
なのにずっと てられないよ
過去かこったあったかさを

ああ だれらないぼく ああ られたくないよる
でもむなしくなって こわくなって あわてるんだ
ぼく一人ひとりよるやみのこされる そんながして

きみまえでさえもつよがっていたから いたいこと 本当ほんとうつたえたいこと
言葉ことばになるそのまえ孤独こどくかんじてしまった
きみはきっとそれ以上いじょう孤独こどくかなしみをいて

それすらもれようと ぼくまえじゃ笑顔えがおだった
なのにずっと ぼくげてた

ああ きみらないぼく ああ られたくないよる
だけどいまになって おもすよ ぼくにとって大事だいじなものなど
いくつもくて きみなにより 大切たいせつだったはずで

あとになってがつく ごめんねさええないこと
わがままをかえして 調子ちょうしのいい言葉ことばなら
口先くちさきかたったゆめ 見落みおとしたやさしさも
いまなにい ちっぽけな自分じぶん幻想げんそう

夜風よかぜいて はしして るんだそんなぼく
いまかうよ きみもとへ まだうかな