「東京流星群」の歌詞 SUPER BEAVER

2013/4/3 リリース
作詞
柳沢亮太,渋谷龍太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくいのりをささげてるのは 多分たぶん神様かみさまじゃない
ぼくねがいをめるのは いつもほしではない
ぼくにとっての故郷こきょうだれかのあこが
だれかがはなわらったのが ぼくたから

ひとにはひとなやみがあって おなじわけが
ひとにはひと正義せいぎがあって それのてきもいる
ぼくにとってのくるしみと だれかのよろこ
いものねだってしがって でもきみつけたり

ねむらないまち片隅かたすみぼくねむりについたよる
かりのえたそらには ほしながれたらしい

東京とうきょう流星群りゅうせいぐん 見上みあげることもしないで
東京とうきょう流星群りゅうせいぐん ひかりいとってないで
東京とうきょう流星群りゅうせいぐん おなそらきてるなら
かがやきはいつでも 何処どこても わりはしないだろう

さよならはどのまちにも 裏切うらぎりはどのまちにも
なやごと何処どこても 孤独こどくなんてだれても
さよならはこのまちにも やさしさはこのまちにも
いとしさは何処どこても あいしてるよ あいしててよ

ねむれないよる裏側うらがわぼくってるあさがあって
ねむらないまち片隅かたすみで そのしんじてる

東京とうきょう流星群りゅうせいぐん 見上みあげたさきとおくても
東京とうきょう流星群りゅうせいぐん そこにひかりがあるんだろう
東京とうきょう流星群りゅうせいぐん 東京とうきょう流星群りゅうせいぐん
挫折ざせつ希望きぼう みだれる この日々ひびからばして

東京とうきょう流星群りゅうせいぐん いのまえひらいて
東京とうきょう流星群りゅうせいぐん ねがいはあいすべきひと
ねむらないまちゆめを このまちなかかがやかせて