1. 歓びの明日に歌詞

「歓びの明日に」の歌詞 SUPER BEAVER

2012/4/6 リリース
作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
たとえば なにかがちがあさ
ぼく気付きづけてるかな? どうだ?
たとえば だれかをくしたことにも
気付きづけていないんじゃないかな? いま

たせてない約束やくそくから こぼちる わらごえ
涙目なみだめして あるいてた 「ただしさ」だなんてらないまま

よろこびの明日あすに ねぇぼくらはえずうた
"かなしい"とかこえして
ごとおもねがうこと そのねがいのはじまりと その理由りゆう
一切いっさいめて 一切いっさい意味いみつける
今日きょうだって出来できなくて ぼくらはたされずにいる

たまには すべてが無駄むだ
すべらないようなもして

出口でぐちのない日々ひびなか何故なぜ出口でぐちさがしてたの?
ぼくぼくつづけるなら どこまでこうと ぼくなんだろう?

さよならのあとに ねぇぼくらはえずうたかなしいけど"ありがとう"を
そしてある後悔こうかいきみのことも それがいま みちしめ

はかりにかけてはえらんだ より大切たいせつなものを
多分たぶんくらべられるような そんなものなんて かったのにさ

よろこびの明日あすに ねぇぼくらはえずうた
"かなしい"とかこえして
ごとおもす ねぇぼくはさ きみうた

さよならのあとに ねぇぼくらはえずうた
かなしいならこえして
そしてかえあるいてく ぼくぼくきみきみ毎日まいにち

そうやってかなしみと 後悔こうかいさきでまたおう
一切いっさいめて ひどいかおわらいながら