「満員電車」の歌詞 SUPER BEAVER

2009/6/3 リリース
作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
満員電車まんいんでんしゃられて わずかにのぞいたまどそと
数分前すうふんまえまでのわらごえが もうなつかしくなって
せるひとをかきけていって りたつぎえきのホーム
とおくにこえるまち喧騒けんそう何故なぜすこ安心あんしんする

たされているはずの日々ひび それでもぼくはまだ
なにのぞんでいる かかえきれずとしていくのに

大事だいじなものすこしずつえていく そのたびに
あふれそうになるなみだ意味いみひとつじゃない

最終さいしゅう電車でんしゃになるまで もうすこかんがえてみよう
とりあえず辿たどきたい終着点しゅうちゃくてんは もうまってんだ
それぞれに目的地もくてきちちがって そんなのわかってたはずだろ?って
かえ自問自答じもんじとう わる日付ひづけ気付きづきもしなかった

まばらになってく 足音あしおとなか
最終さいしゅうげるベルのおとった

ってながれていく景色けしき こえにならないこえ
むねをぎゅっとけたときに ふとかんだかお

だれもがいまそれぞれの線路せんろうえ はしっている
片道分かたみちぶん切符きっぷつよにぎめて

ぼくせてれながらはしっていく 最終さいしゅう電車でんしゃ
ぼくはふいに きみこえきたくなった